PCに温度センサーを追加

ラグビーの日本代表対スコットランド戦を開催できるかで揉めてますね。日産スタジアムの辺は遊水地で雨量が多いとスタジアムの1階まで水没させるハズなんですが、今回の台風はやろうと思えば翌日に試合が出来るレベルの雨量で済むんですかね?何年か前にスタジアムまで水没させてましたよね?試合出来ると良いですね。ちなみにこのライブカメラの右側にチラッと見えているのが日産スタジアムです。まぁやるやらないは置いといて、やるにしろ4度もJリーグベストピッチ賞に選ばれたキレイな芝生の日産スタジアムでやらせてやりたかったなぁ…と。いくら日産スタジアムの水捌けが良いと言っても、半日でどうにかなるんですかね?

ってことで本題です。NCase M1 v6のGPU下部のファンをGPU付近の温度と連動して回せるように温度センサーを追加し、GPUの曲がり防止もしました。下2つの画像はこの取説から引用し、ページ数はファイル名で示しています

温度センサーの追加

先日組んだNCase M1ファンの搭載箇所が、CPUクーラーとその脇の排気ファンの2つ、M/B上部の2つ、拡張カード下側2つと、大きく分けて3箇所に合計6個です。そしてボクが使っているASUS ROG STRIX Z390-I GAMINGはファン用にCPUクーラー、水冷ポンプ、ケースと3系統の4ピンが出ているんですね。水冷ポンプ用のピンも普通に温度に合わせてPWM制御が可能なのでファンを繋いで使うことも出来るので、Ryzen 9 3900Xで使っている2系統しかないGIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI (rev.1.0)よりも使いやすいです
ただASUSだと必ず75度で100%回っちゃうのが微妙なんですがね…。この仕様は良くないですよ、CPU温度はヤバいけどCPUファンが静かみたいな選択肢があっても良いと思いませんか?デカい静音ケースにデカいクーラー組み合わせてる人は、そんな設定出来ても使わないだろうけど、少なくとも騒音筒抜けな小型ケースで小型CPUクーラーを使うことが多いボクは使う。100%回って75度なら、60%だけ回してサーマルスロットリング直前の95度とかの方が良いんですけども…。100歩譲ってATX M/Bはそれでもいいとしても、小型ケースで使うことの多いITXですら75度で100%強制は違いますよね。前者を強制して後者を選ばせてくれないのが機知に富んでいるかは疑問なので、ボクが知らないだけでどこかしらで設定できたりするんですかね?普通にPWM制御させてくれればいいのに、回転抑えるために抵抗を挟んで成り行きで制御するのもアホらしいですし…。まぁ他のメーカーはType-Eがなかったり、あっても位置が絶望的だったりですし、結局ASUSしか選択肢がないから75度で100%強制なのは諦めるしかないんですがね。でもPBO入れて3900X使うなら280mmの簡易水冷でもCPU温度が75度なんてあっという間だから、TDPの高いCPUを使うならASUSは絶対にやめた方が良いですよ。特に水冷だとラジエーターのファンをガンガンに回したからって劇的にCPU温度が下がるわけでもないので、ただ単にウルサイだけですしね

んで、ファンの回転数を制御する場合、適当な箇所の温度を参考にファンのデューティー比を決めますけど、このM/Bの場合は選べる温度が、CPUクーラーはCPU温度のみ、ポンプはCPUと追加センサーの温度ケースファンはそれに加えてPCHとM/Bの温度なんですね。ボクの使い方ではCPUクーラーと排気ファンにM/B上部の2箇所4個のファンはCPU温度に連動させれば良いんですけど、GPU下部の2個のファンはGPU付近の温度に連動させたいから、この選択肢の中だと追加センサーだなーとなるわけですが、追加のセンサーが付属してないんですよ。そして取説に「サーミスタケーブルは別途お買い求めください。」とか書いてあります
ASUS純正のサーミスタケーブルはASUS P/N 14011-00020100って型番らしいんですが、ネットじゃebayくらいでしか売っている所が見当たらないので、都内に行く用事があったから秋葉原のパーツ屋さんを何件か回って探したんですけど、どこで聞いても「見ないですねー」って感じで全く売ってないです。純正じゃなくても良いやーってことで「PC向けのQIコネクタの生えた10kΩのサーミスタは無い?」って聞いても、そっちは「最近見なくなりましたねー」ってことでこれまた売ってませんでした。ファンコンが流行ったときはパーツ屋さんでPC向けのサーミスタも売っていた気がするんですが、最近見なくなっちゃいましたしね

そんな感じでサーミスタケーブルを作るしか無いかーってことになり、せっかく作るなら純正っぽい見た目のセンサーが良いよなー…ってことで、ウロツイていたら純正っぽい見た目で10kΩのサーミスタがあったのでそれを買い、手元にあったQIコネクタに突っ込みました。ASUSさんもその辺で売ってる上にどう考えても使わないようなケーブルを大量に付属させるくらいなら、その辺で売ってないサーミスタケーブルを付属させといてくれよーと。水冷だと水温測るのに追加センサーを使うからそれで良いと思うんだけど、空冷だと追加センサーは使うなってこと?流石に酷くない?
そしてこれ取扱説明書が間違えていますよね?「サーミスタケーブルは別途お買い求めください。」ではなく、正しくは「サーミスタケーブルは製作してください。」ですよね。そして買わせるなら買わせるで型番を、作らせるなら作らせるで抵抗値を、それぞれ取説に書いとく必要があるんじゃないんですかね?そのどっちも無いなら、もっと幅広いセンサーを使えるようにするため、ゲインと傾きくらいは調整できるようにするべきなんじゃ無いかなぁ?

センサーはGPUの排気温度を測れるようにヒートシンクの隙間に適当に差し込んでおきました。UEFIから見てみるとこれまでN/Aだった追加センサーの温度がバッチリ温度拾えていますし、HWiNFO64でも見れますね。ボクが追加した位置では冷えているときが30度ほどで負荷を掛けると50度程度みたいです。差が20度程度と振れ幅は狭いですが、これで一応GPU周辺の温度に合わせて下部ファンの回転数を制御出来ますね。そもそもこんなアナログな方法ではなく、普通にGPUに載ってるセンサーの温度をUEFIで拾えるようにして欲しいですね。出来なくはないと思うんですけどもねー。なんならASUSのM/BだとASUSのGPUでだけ温度が読めるみたいな感じに囲い込むのに使うと良いんじゃないんでしょうか
ちなみにどうしても純正のセンサーを国内で買いたいって方は、ASUSのFAN EXTENSION CARDってのにASUS純正のサーミスタが3個付属しているらしいので、これを買うしか無いのかなぁ?これならAmazonで普通に売っています。ぁ、入っている「らしい」ですよ「らしい」。ボクが買って確認したわけではないので、入ってる「らしい」です。そして安く上げたいけど工作するの面倒って方は米Amazonにあるこれとかですかね?自分で作るのはあまりオススメしません。材料自体は安いし、ボクは工具やコネクタを持っていたので200円程度で手に入れられましたが、GPU付近の温度を拾うために4千円弱するエンジニアのPA-20を買うくらいなら、4.99ドルで解決するのが良いかと思いますよ

GPUの曲がり防止

ついでに…なんですが、GPUの曲がり防止用にこんなの貼ってみました。3Mのクッションゴムを2段重ねにした物をファンのフレームに貼り付けています。GPUのケース程度の熱なら特に問題ないみたいですし、2070Superの中でも軽いのを使ってるんですが、無いよりはマシかな?