河野先生の山本先生への対応はなくない?

そこはミルクティーを出してやってくれよ…

鬼滅の刃が売れた理由をご存知らしいって話し以来、群馬県民でもないけどRSSリーダーに突っ込んで安倍元総理のTwitterの中の人こと山本一太先生のブログを見ているボクです。
5回に渡って連載してる安倍元総理とのシリーズがタイトルでは20分だと書いてあるのに1分刻みで記録されている首相動静だと実際には15分でなぜか5分水増しされてたり、これとかこれみたいに複数回に渡って合法か疑わしい方法でTV番組を撮影してアップロードしてたりするのはどうなんだろうか…って感じですかね?
TV番組を引用すらせずアップロードっていう今どきとても微妙なことを上に立つ人が率先してやっているのは流石に控えた方が…。まぁ万が一どこかしらで怒られたら、意図的にTV画面を斜めに撮ることで、安倍元総理を大きく菅総理を小さく写してるから、長年に渡って国を率いた安倍元総理の偉大さを称えた芸術作品であり、著作権侵害で文句を言われるようなシロモノではないと言い張って戦ってみて欲しいですね

そんな山本一太先生のブログですが、読んでいて何よりこれはないわ…ってのは、河野太郎先生が山本一太先生にミルクティーを出さなかったことですよ。加藤官房長官のところは紅茶の可能性はあるけどミルクティーではないし、田村厚労大臣のところは器からすると日本茶っぽいんですが、そのお二方は仕方ないです。でも筆まめと言われるほど相手への心づかいを欠かさず、ネットでの活動を頑張られている河野太郎先生にこそ、是が非でもミルクティーを出して欲しかった。ブログであんなにミルクティーミルクティー言っている山本一太先生に、ミルクティーを出せる機会があるって、むしろ美味しいチャンスでもありますよね?石破茂先生みたいにアドミラル・クズネツォフのプラモを二徹して作って送るまでは逆にしなくて良いけど、お茶くらいは相手の好みに合わせても…と

でもそれをしなかったって、河野太郎先生は来客である山本一太先生のブログを見てないのが丸わかりですよね。情報発信とかエゴサーチとかは頑張るけど、相手の発信する情報は見ないのか?山本一太先生は「力あわせる200万」の数字が正しいなら200万人の群馬県民が選んだ代表ですよね?逆に国会議員なんて713人もいるんだから17万人に1人くらいの割合ですよ?Twitterのフォロワーで言っても182万人なので群馬県民の数には届きませんし、大臣ってのも選挙を経ずに自民党が勝手に決めた総理大臣が任命したってだけですし…。投票で勝ったから偉いって立場なんだから、約10倍の人間の信任を背負っている来客のブログくらい見ても良いのになぁ。ぁ、言っておきますと、J1に上がったことがあるし天皇杯やナビスコカップのタイトルを手にしたこともある湘南ベルマーレの代表取締役会長であらせられる河野太郎先生は、天皇杯で金星連発した程度のザスパがある県の知事でしかない山本一太先生より、ボクの史観からしたら明確に上ですよ。そもそも他県民だから山本一太先生もボクには関係ないですしね。だからって河野太郎先生は相手を雑に扱いすぎです。山本一太先生と言えばミルクティーですよ。それは軽くググれば出るくらい容易くアクセス出来る情報ですし、9月24日の時点で月内のブログで12回もミルクティー飲んだって書いてますよ?Twitterならまだしもブログで2日に1回のペースでミルクティー飲んだって報告してるんです。どんだけミルクティー好きなんだよ?って話じゃないですか。そして山本一太先生にミルクティーを出すってのは、先生の発信する情報を見ていますと伝えることが出来るわけです。仮に200万群馬県民の総意の器であるところの山本一太先生が我が家にお越しになるなら、先生のお口に合う自信は1mmもないけれどミルクティーを用意しますよ?口に合わなかったとしても山本一太先生は不味いもん出しやがってふざけるなよとは決して考えないでしょう。そうではなく、自身の発信する情報を受け取ってくれているってアピールなんだな…と喜んでくれるハズです。きっとブログにも「ごちそうさまでした(感謝)」と書いてくれるでしょう。山本一太先生の日々のブログを見れば、そういう人柄なのではないかと想像出来ますし、少なくともボクがその立場だったらミルクティーを出してくれた心遣いにウルっと来ます。それでツカミは万事オッケーじゃないですか。誰も損をしないし、Win-Winですよね?

逆に考えると、河野太郎先生はそういう心づかいが出来ないのか、わざとそうしなかったのか、ボクには知る由もありませんが、少なくともそういう心づかいを出来る人間ですよというアピールをボクにしてはいませんね。そしてそういう心づかいを出来ない方が、内閣府特命担当大臣として沖縄問題や北方領土って言う、日本国にとって何年も解決できずにいる拗れに拗れてしまっている大きな問題を担当する大臣をこなせるのかは気になります。規制改革とかは得意そうですが、そっちはどうなんですかね?湘南ベルマーレの代表取締役会長というとんでもなく高いレベルでJリーグに協力してくれている時点で、実際に河野太郎先生を目の前にしたら、昨年の浦和戦での杉岡選手のは見事なゴールでした…と言いながら五体投地して拝礼をするレベルなボクなのですが、この1事象を見ると心配です。話がズレるけど、あの試合はあそこまでは見応えのある良い試合だっただけに審判にぶち壊されたのが何より悲しいよなぁ…
まぁそんな感じで、山本一太先生にミルクティーを出すっていうのは、行いとしては小さなことだけれども、そういう小さなことを積み重ねられる人の方が、沖縄や北方領土っていう大きな問題を多くの人が納得できるような形での解決に導けるのではないかと期待出来るので、ぜひそういう姿勢をボクに見せつけて安心させて欲しいですね
河野太郎先生の頑張りに期待しております。そして次の機会があればぜひとも山本一太先生にミルクティーを出してあげてください