ASUS A320I-Kを買ってみた

3950Xを載せて普通に動いてます
これまでも「ITXだったらA320で十分どころかチップセットなくても足りるんじゃないか?」と言いつつも、色々な能書きを並べられるとそっちに目が奪われてしまい、一応上のグレードにしとくか…って感じで、自作向けで一番下なグレードのA320を買うところまで辿りつけなかったんですよ。でもA520が出ちゃったらA320で十分だったかを確かめられずに終わってしまいますし、趣味だからこそ凸凹コンビを組み合わせてみたいし、やるなら今しかないよな…ってことで、とりあえずA320をポチってみました…ってところまではとても順調だったのですが、届いた荷物を開けてみたら同じM/Bが2枚入ってて、注文の確認メールを見返しても確かに2枚頼んでたっていうこの幸先の悪さ。どうしようこれ…

A320I-KはX570やB550にZ490と立て続けにお高いM/Bを見させられたボクにはとても安く感じます。実際1万円で余裕でお釣りがきますよ。他の日用品とかと合わせてカートに入れ、注文確定する時に出る合計金額を見ても、まさかM/Bが2枚も入ってるとは想像し得ない安さですよ?ITXでそこまで安いのは嬉しいですね。まぁ間違えて2枚買ったので、結局B550が買える値段のA320なワケですが、細かいことは気にしたら負けです。PCIe4も3900XとX570Gen4のNVMe SSDを試したけど、結局なにも体感できませんでしたし、B450はここに来て値上がりしてしまったので、安価なA320を試してみたくなりますよね?まぁそんな感じです

このM/B、ITXなのにファンの端子が4個も付いてるのが良いと思う。他のもスキあらばファン端子って感じで、4個とは言わずに6個くらい突っ込んで来て欲しい。ITXに興味ない方は知らないかもですが、ITXってハイエンドのチップを使った割とお高めのM/Bでもファン端子が2個とか舐め腐ったことをやってるんですよ?ポンプとラジエーターファンで終わりです。酷いよね?せめて排気ファンの回転数制御用にもう1つ欲しい、狭いケースだと内蔵ファンコンは辛いですしね。それなのでこのM/Bはファンの端子が4個ついてるのが嬉しい。でもCPU, CPU Optional, ケース1、ケース2と4つついているのですが、コントロール出来るのはCPU、ケース1,2の合計3か所で、CPU OptionalはCPUと連動ですね。ちなみにケースの方は制御用の温度がCPUかM/Bしか選べません。追加センサーを使いたかったですが、まぁそれは贅沢ですかね。安M/Bって熱で壊れやすい印象なので、ファンをたくさん付けやすいのは嬉しいですね
逆に気になるのはチップセットとM.2が二階建てで冷却はどうなんだろうかってところかな?ただM.2が裏面なのもそれはそれで冷やすの面倒で温度は成り行きですし、温度がヤバかった場合にデカいヒートシンク載せるとかファン追加するとかの細工がしやすい分だけ、表面にある方がラクではあると思うから、ここは好みの問題ですかね。ただ元々発熱の少ないM.2のSATA SSDを使う場合は裏面の方が良いとは思う
ぁ、それと最初に電源入れたとき、ケースのファンが回りまくって何かおかしいと思ったら、標準だと今どき珍しいDC Modeが初期設定になってました。手動でPWMに切り替えれば何も問題ありません

JEDEC準拠のDDR4-3200ネイティブなメモリを挿すと勝手にSPD読んで3200で動いてくれますし、速度タイミングと電圧を手動で変更は出来るので、SPDは2133だけどXMPが3600CL16で1.35VみたいなOCメモリでも使えなくはないと思います。CPUをフツーに動かすなら3950XでOCCT データ小 AVX2を1時間でもなにも起こらないですし、普通に使うんなら高いM/Bを買わなくてもこれで良くない?表面がフラットだからCPUクーラーの自由度が高いのも個人的には良いポイントだと思う。あとVRMは負荷時に非接触温度計で測っても50度後半で逆に温度計の数字が合ってるのか心配になってくるライン。まぁこれは巨大トップフロークーラーでVRM直上にファンがあるおかげかもですが、ボクの使い方では3950Xでも全然問題ないですね
出来ないってところだとPPTを設定できない、CPUの電圧オフセットは出来るけど電圧の決め打ちはできない、CPUの倍率は変更出来ない…ってくらいですかね?こんなのはあるのですが、PB2には未対応なのでCinebenchの値が数%だけ渋いってだけで、使っていて困るってことはないですね。ただチップセットの制約でPPTを設定出来ないから消費電力=温度が成り行きなのと、他のASUSのM/Bと同じでCPU温度が75度でファン回転数が強制的に100%になる機知の富みっぷりなので、ASUSのA320は小型クーラーしか入らない小型ケースで使うのは一切オススメしないです。AMDがTjMAXを95度に設定してるんだから、95度超えたら強制100%にしてくれればいいのに、なにがどーして75度が基準なんですかね?あとせめてPPTを65Wとかの絞る方に設定出来ると良いんですが、A320だとそれをやらせてくれないってAMDもAMDでなんでこんな制約を作ったんだろうか…。安価なチップセットだから速く動かす自由は縛るってのは全くもって良いんだけど、遅く動かす自由は残しておいて欲しかったですよね
まぁそんな感じで、高いM/BならPPT65Wで使えるよって言われたら、良いなーって思う程度で、PCIe4ガーとかVRMガーとか耐久性ガーとかってさも意味ありげだけど実際には些細な差しかない要素で、勧められるがままに高いM/Bなんて買う必要はないですね。こちとら同じM/Bを2枚持ってるから、耐久力なんて2倍ですし、なんなら3950Xを2台並列に動かすことも出来るのでパフォーマンスも2倍です。ぃゃ、全方位にこれ以上なくお金をかける方が大正解ではあるんですが、大多数の個人にとってお金は限りある資源なので、M/Bなんかよりもケースとモニターとアームと椅子とキーボードとマウスに金をかけた方が快適かと思いますね

ちなみにRyzen Masterから値を見ることは出来ますが、こんなのが出て値はイジれません。残念