Apple Siliconは色々楽しみ

Apple Siliconは色々楽しみ

今年の夏は寂しいもんだとか書いたら、冬に大きな祭りが来ますよ
体面上はソフトランディングっぽく見せかけてますが、Rosetta2はAVXをサポートしないからニューラルエンジン使えってことみたいですし、これ結構なハードランディングになるのでは?Late2017 MBP15とかi7-8700のMac miniを使っててもう少しパフォーマンスが欲しいってボクは、今の内に買い換えてしばらく粘るか、Arm化されてからすぐに買い換えるかを正直迷うし、とりあえず両方買うっていう折衷案も捨てがたい。良い意味でも悪い意味でも楽しみですね

Mac…というかintel…は熱くてウルサイだけで遅くて辛いからどうにかしてくれよって感じで、CPUメーカーもプレスコとかブル土下座みたいに各社好不調の波があるから、intelと並行してAMDなMacが出ることも期待してましたが、一気に自社製のArmですよ。big.LITTLEとかって面倒くさそうなモノに対応するなら、CCXとかCCDに最適化する方がどうにでもなるんじゃないかなーとか思ってましたが、x64までもレガシー扱いで投げ捨てるなんて随分と思い切りましたね
macOSをArmで動かすの自体は何年も前から噂ありましたし、Apple自身にとっては理に叶った行いだと思う。でも2年で全部Armに移行は派手ですね。これって要するに2年以内にMac ProをArmで作る宣言だと思うんですが、滅多なことじゃ使わないよねっていうけどたくさん載ってるようなレガシー環境を投げ捨ててArmで色々最適化した結果、Appleの言ってるノートPC向けの消費電力とデスクトップPCのパフォーマンスの両取りを万が一にもガチのマジで実現出来た場合、intelどころかAMDも蹴落とし、CPUはAppleとKFConsoleの11GHzなCPUを作ってるZingerの二択になりかねないですし、この殴り合いは正直楽しみでしかない

個人的にはPCとスマホでアレコレやりとりがラクで、ブラウザが使えて、MarsEditくらい快適なブログエディターがあり、4K複数枚に出力しても快適に動き、3900Xで動かした時程度に4,000万画素クラスのRAWを扱ってもLrCCCがサクサクと動くなら、CPUどころかOSすらもなんでも良いです。そんな感じなのでLrのデモをするにしろLrCCでやられてもさぁ…と。いや確かにiPadでLrCCは使いはしますけど、LrCCだとカタログやファイルの管理が逆に面倒なので、PCのLrCCCが親機でLrCCは子機って感じでしか使いませんし、それでドヤられてもなんの参考にもならないんだよなぁ…と。逆にArm化したらLrCCCがどうにもならないなら、自作機をメインで使うか、今後数年困らないようにMacProを盛りまくって買っておけってことなんですかね…。最悪こんなトチ狂った形でも構わないからintel Macのアプリケーションも過不足なく使えるようにはして欲しい

オリンパス分社化

あぁ…ついに…って感じですかね
実は一時期OM-D E-M5IIを使ってたんです。レンズは25mm F1.2と75mm F1.8とキットのF2.8ズームでした。このブログに出てきた写真でも4:3で見慣れないファイル名の写真はOM-Dだったりしましたよ

2016年にオリが300mm F4、パナが100-400と、35mm換算すれば600mmと200-800mmにもなる小型センサーを生かしたコンパクトな超望遠を立て続けに出た時に、マジで買うかかなり悩み、ボクがm4/3を買いにくい理由を整理した結果、一番心配なのはボディの画質だよなってことで、とりあえずE-M5IIと、これならレンズ側は問題ないし、後々も使うだろってレンズを数本買って使ってみたら、レンズの写りが良く明るい分、1インチのコンデジよりは圧倒的にマシな写りだけども、5D4やα7RIIを見慣れてたボクにはかなり物足りないなぁ…って感じで、やっぱ超望遠を買うのやめたけど、カメラシステムは軽量小型で使い易く、35mm換算150mmの75mm F1.8をつけてもコンパクトで威圧感がないのが良かったからその後も使い、最終的に全部売ったのは今年の1月なので、結局3年弱は使ったと思いますよ

分社化してどうなるんだろ?独立してやってけるならそれに越したことはないけど、ダメそうなら身売りですかね?ドローンとかアクションカムで頑張ってて、Hasselbladも持ってるDJIがオリンパスのカメラ事業をお買い上げしたら面白いモノを作ってくれそうな気はする