D850とES-2でネガポジ反転が捗る

「Rollei35Tを買ったぞ!ホントはブラックが良かったんだけど程度の良い個体はシルバーしかなかったわ!」とか書いたら、キレイだし実用出来そうな35TEのブラックが出てきまして…。ボクとしてはTEよりTの方が使いやすいと思うんですが、ブラックはカッコ良くて所有感を満たしまくりで良いですね。そして何よりモノがキレイで嬉しい。2個あるとモノクロとカラーだったり、感度が違うフィルムだったりを併用出来るから、買う理由は何個もあっても買わない理由は1つも無かったですね

そんな感じでD850とフィルムデジタイズアダプターES-2でネガポジ反転しながらデジタイズしまくっています。35mmフィルム以外を使うとか、よりハイクオリティでこだわってやりたいとか、もっと大量にやりたいならエプソンのGT-X980になるかと思いますが、35mmフィルムだけで良くて、見れるクオリティで十分で、週4〜5本程度までならD850で十分かなーと。取り込む画像を見ながら作業出来るのもホコリの管理やピント位置がラクでよろしいですね。あと普段カメラとしても使えるデジイチの完成形ことD850なら、たぶんきっと皆様お持ちでしょうし、60mmのマクロも息を吸って吐くようなレベルで気が付いたら買ってるだろうから、ES-2だけ買えばお手軽に始められるのもありがたいですね。それとES-2の取説を見ると105mmのマクロに対応してなさげですが、筒を適当に延長すれば使えるかと思いますよ

最初にD850とES-2でネガポジ反転しながらのデジタイズをやったときは、なんでこれ周辺が変に明るいの?って感じでしたが、アダプターの筒を適当に伸ばせば問題なくなりますね。光源の問題でもないしー、絞りの設定値やヴィネットコントロールでもないしー…とか散々悩みました。ES-2の筒が短い状態だと周辺が微妙に減光…ネガポジ反転時だと増光(?)…してるだけみたいです。ついでに光源は設置がラクなので富士フイルムの小型のライトボックスを使ってますが、Litra Torch2.0みたいな演色性の高いLEDライトをレフ板に当てるとかでも良いですね。スピードライトでも良いっちゃ良いんですけど、体感なんですが、定常光の方がAFでピントが来やすいし、ピントの確認するにも見やすいから、使いやすくてオススメかなーと思います
あとZ7でもネガポジ反転しながらのデジタイズをやらせて欲しい。この時期は涼しいからさほど問題ないんですが、D850で夏場にライブビューを使い続けると、冷房掛かってる屋内でもボディが熱くて操作するのが嫌になってくる程度に発熱するので夏場にD850は辛いんですよね。それなのでZ7で出来るようになるとありがたいですね