9900KSで消費電力制限してベンチ

以下、ベンチマーク環境まとめと感想いつものベンチマークたち消費電力を制限したベンチマーク消費電力を制限してOCCT データ(小) AVX2ベンチマークのスクショとなっています。目安は消費電力??って感じかもですが、ボクとしては周波数より消費電力の方がわかりやすいので仕方ないですね。あとベンチマークのスクショを記事中に垂れ流すと読みにくいので、例によってスクショのリンクを一番下にまとめて置いてあります。スクショやOCCTの出力する画像を見たい方はそちらをどうぞ。あとCinebench R15だけHWiNFOのスクショもセットでついています。測定は日を分けて行ったのですが、どの日も室温は20〜23度でした

ベンチマーク環境

先日購入した9900KS9700Kの環境に載せ換えて遊んでいたのですが、ケースの関係でCPUクーラーが小型なNoctua NH-D9Lなので、定格のPL2が158WでPL1が127Wでも熱くて辛いから電力制限する方向で動かすっていう、なんのための9900KSだって内容の記事になってます。簡易水冷のEisbaer LT 240も一応用意してあるんですが、やっぱボクは空冷が好きだしなぁ…と
パーツはパフォーマンスに関係ありそうなところだとM/BがASUS ROG STRIX Z390-I GamingでBIOSは2603、GPUはASUSのRTX2070Superの外排気モデル、メモリはDDR4-4133CL18の16GBです。他のパーツをもっと細かく知りたい方はこちらをどうぞ

まとめと感想

色々とやってみましたが、ボクの設定はPL2が127WでPL1は95WでTauは8に決めました。結局9900Kと同じ設定じゃん?って感じかもですが、これなら92mm角のCPUファンを1,000rpm程度に絞っても、TBの127Wで65度で収まり、そのまま負荷を掛け続けた状態の95Wなら60度を切るから、静かに動かし続けられるので悪くはないかな…と。この辺の設定は各自の使用用途によって変わると思いますが、ボクの用途では消費電力的に軽い負荷なら普通に5.0GHz出て静かなままサクサク動きますよ
消費電力別の測定値を眺めてみると、9900KSを定格の消費電力で常時動かすならハイエンド空冷か簡易水冷、定格より大きな電力で使い続けたいなら殻割りとかダイ直の本格水冷とかにするのが良いんじゃないでしょうか。下の方でやってますが、Cinebench R15みたいな比較的負荷の軽いCPUベンチでも、消費電力に制限を掛けないで5.0GHzで動かすと192Wっていう目を疑う値が掛かるので、それくらいした方が良いと思うというか、しないと厳しいんじゃないかな。CPUによって冷やしやすい/冷やしにくいもあるので直接的な比較ができるわけじゃないですが、3900Xと280mmの簡易水冷はOCCTで93.7度と、どうにかってレベルでしたし、それより上の192Wは辛いと思いますよ。LGA1151とかAM4で200Wって、普通の冷却方法じゃどうにもならないレベルだと思う。他には消費電力を解決する方向だと電圧下げる方向にセッティングすることになると思います。下げて行っても負荷テストとか結構ちゃんと通るんですけど、これまでの経験上intelでそれをやると、普通に動いているように見えてもファイルが壊れてたりすることがあるから、常用環境を探るのが面倒すぎるのであまりやりたくはないんだよなぁ…
あと定格か否かを問わず、9900KSはベンチマークの結果が3900Xと比べて物足りないですし、複数の仮想マシンを実行するような使い方だと向いていないですが、消費電力に制限をかけてもPsやLrで全コアに負荷をかけ続ける一部の作業以外では軽快に動くので使用感では遅くはないし、発熱の制御はしやすいからメインストリームはこう言うので良いんだよって気もする。問題なのはこれが3900Xとほぼ同じ値段って所ですよ。サッカーやりたいとか、2080Tiとかと組み合わせてFHD240FPSでゲームしたいみたいな、9900KSを選ぶ明確な目的があるなら良いと思うけど、迷ってるならコスパの良い3900Xか3700X、レーン数やメモリ周りもメインストリームより上で半額になったからお買い得感の出たCore Xの方が…って気がします。新型スリッパは速いなりに高いっぽいので、Zen2やCore Xで足りない人向けですね

いつものベンチマークたち

手元のPCとの比較

9700K@5GHz、9400F、3900X3600と並べてみました。どれも環境が微妙に違っているので厳密な比較は出来ませんが、Windows10 1903をインストールした直後に動かしているので、一応参考にはなるかな?って感じですかね。他と見比べてみても、値自体は悪くはないと思いますよ。ただ単にコスパが悪いだけです

色々なPCとの比較

以前使ってたとかそんなPCとの比較です。条件は全く揃えていません。各々組んだときとか買ったときに適当に測ったののまとめですし、OSのバージョンが違うどころか、そもそもOSが違ったりもしています。でも各CPUの上下関係くらいは見れるかなーと
こう見てみると、今やLGA1151やAM4みたいな小型CPUでも、LGA2011-v3のXeon E5-2670v3とかより全然速いんだなー。新しいスリッパとかがどんなブッ飛んだベンチマークを出てくるのか楽しみですね。値段的に買うつもりはないので、外野から楽しく見てます

消費電力を制限したベンチマーク

適当にCPUの消費電力を制限してベンチマークもしてみましたが、力尽きて試すベンチを減らしました。申し訳ない
PL1, PL2は下表の各々の消費電力で、定格はPL2が158Wで30秒でその後のPL1が127W、制限なしは文字通り制限なしでの値です。温度(度)と消費電力(W)はCinebench R15実行時のHWiNFO64の値を読んでいて、それぞれCPU Package (℃)の最大値と、CPU Package Power (W)の最大値です。またcb/WはR15のマルチの値を消費電力で割った1W辺りのスコアになっています

下のベンチ結果をまとめたものを眺めてみると、 最大消費電力が定格と158Wでは140W程度、127Wも120Wに落ちてるんですが、後でやっているOCCTだとこれ以上に発熱しながらも消費電力の設定値までキッチリ負荷が掛かるので、熱でタレている訳ではないんですよ。それなのでこうなる理由はよくわかりません。あと消費電力に制限を設けないとR15のマルチは7.8%伸びるけど、消費電力は36.3%増の192.0Wも掛かります。それだけ消費電力が掛かると、短時間で終わるR15でも温度がアッという間に92度まで行きますし、消費電力を制限しないなら冷却をがんばってください…と他人事のようなことしか言えない。9900KSっていう限られた環境の中で絶対性能を求めて制限なしの選択をするんだ!って人がいるのは理解できますが、オススメはしないかな

Cinebench R15のマルチは消費電力なりに減っていきますが、シングルは35W以外はタレてないですね。FFベンチ系はFF15だと誤差程度にしか変わってないけど、FF14漆黒は65Wからの最低フレームレートの低下が、35Wでスコアの低下が、それぞれ目に付きます。RTX2070Superと組み合わせて、この辺のベンチマーク結果が参考になる用途に使うなら最低でも95Wで使うのが無難ですかね?

消費電力を制限してOCCT データ(小) AVX2

消費電力をPL1, PL2, Tauとも定格、あと158W, 127W, 118W, 95W, 65W, 35Wのそれぞれで、OCCT V5.4.2のCPU:OCCT データ(小) AVX2を15分ずつ実行しました。消費電力制限なしは燃えそうなので勘弁してください…。おもちゃ扱いの9700Kを試しに5.0GHzの制限なしでやってみると、240W掛かって一瞬でハングアップしますが、高価な9900KSでそんなことを試す勇気はないです
各消費電力時の温度を比較するためにCPU周りのファンだけ全開で他の設定は片っ端からAUTOにし、HWiNFO64でログを取り、下表は中間5分の値が平衡しているところの平均をまとめたものです。消費電力はCore Package Power 、温度はCPU Package、周波数はCore Clock #0から#7の平均、電圧もCore VIDの#0から#7の平均で読んでいます
TB時と同じ158Wでも5.0GHzに行ってないじゃないか!って感じかもですが、AVX2だと周波数の設定に到達する前に消費電力の制限に先に当たるのでそういうものです。これはZen2でも同じ挙動ですね。そういう点で見るべきところは、OCCTのAVX2っていう通常使用なら掛からないような大きな負荷を掛けても、定格のPL1の127Wならちゃんとベースクロックの4.0GHz出ているのですかね。これは手放しに偉い。意味を持って127Wに設定したんだなぁ…と、感心しました
欲張ってTBの158Wを常用はキツイなーって程度で、正しく設定すれば思ったより普通に使えそうですね。あと35Wは凄い。TDP35Wの9900Tに需要があるのがよくわかります。35Wなら冷やすのもラクだし超小型に組んで見るのも良さそうですね。この世代のLGA1151用のMini-STXのM/Bとかあったら間違えて買ってしまいそう

ベンチマークのスクショ

定格

Geekbench 4, Cinebench R15, R20, FF14紅蓮FHD最高, 漆黒FHD最高, FF15 Ver1.2高品質, OCCT

制限なし

Cinebench R15, FF14漆黒FHD最高, FF15 Ver1.2高品質

158W

Cinebench R15, FF14漆黒FHD最高, FF15 Ver1.2高品質, OCCT

127W

Cinebench R15, FF14漆黒FHD最高, FF15 Ver1.2高品質, OCCT

118W

Cinebench R15, FF14漆黒FHD最高, FF15 Ver1.2高品質, OCCT

95W

Cinebench R15, FF14漆黒FHD最高, FF15 Ver1.2高品質, OCCT

65W

Cinebench R15, FF14漆黒FHD最高, FF15 Ver1.2高品質, OCCT

35W

Cinebench R15, FF14漆黒FHD最高, FF15 Ver1.2高品質, OCCT