Ryzen 5 3600を組みました

A4-SFX v2の中身をRyzen 5 3600とB450にしました。A4-SFXはイジるの疲れる上に、この約1ヶ月で3回ほど全バラしてるので、当分これで使いたいですね
3900X持ってるのに3600wwwって話しかもですが、遅くてウルサイMacを投げ捨てることにしたから、3900Xは他で使うことになったので、TVサイドPC用に3600を導入します。こうなっちゃったのはボクが悪いのではありません。AMDが悪の帝国レベルで悪い、AMDは性能もコスパも良いとか反則だろ…
ちなみにZen2良いよー、Zen2良いよーって言っていますが、APUの3200Gや3400GはRyzen 3000シリーズだけどZen+なのでご注意ください
以下、結論パーツの紹介ベンチ結果ベンチのスクショと並んでいます。お急ぎの方は結論ベンチ結果だけをどうぞ

結論

イジった感想

今から低コストなCPUを買うならRyzen 5 3600はアリです。個人的にはもうちょい積んで3700Xを買うのがオススメなんですが、2万円ちょいでこんなに速いならコスパはとても良いですね
今から安いRyzenが欲しいという理由でもRyzen 5 2600とB450のM/Bとセットで2万切るようなラインで投げ売りされてれば2600も考えるかなーって感じですね、2600が単品で1.5万円程度だと割高に感じます。ただ逆に2600や1600Xから3600だと2〜3割程度の性能上昇なので変更する理由も思い浮かばないですけどもね。ベンチマーク好きとかエンコ大好きみたいな人じゃないと差を体感するのは難しいと思う。そしてその辺の用途な人はなおさら3700Xへ行くのが良いかと思います

Ryzen 5 3600は誰にオススメなのか

そんな感じで3600どころかZen2が皆々様にオススメなのですが、一番下位の3600は誰が買うべきかって聞かれると割りと困る。CPUは2万円までってマイルールな人は今なら自動的に9400Fで、ご祝儀価格が空けて2万切ったタイミングなら3600でしょうけど、それ以外でボクが3600を買うべきと確実に言えるのは、AM4初めてだけどRyzen 9 3950X狙いの人ですね
3950Xを買うべく待機している人は9月まで手持ち無沙汰でヒマでしょう。そして3900Xでも熱いので、3950Xはなおさら水冷が良いと思います。それなのでとりあえず3600とX570を買って、ボクが生け贄として捧げてしまったお盆休みの間に、良さげな水冷システムでも作るなりしながら、涼しい自宅で遊ぶのが良いのではないでしょうか?3700Xを買ってしまうとそこで落ち着いちゃう可能性もありますし、3600は2万円ほどなので、それで2ヶ月程度遊べるなら安いと思います。3950Xが来たらサクッと付け替えてすぐに使い始められますし、そしてなんと3950Xを待ってる間も普通にPCとして使えます。速い遅いとかっていう差ではなく、無か有かの差を生み出せるんですね。3600って凄すぎだろう…
無事3950Xが手に入った後は、3600が売れる内に売っちゃうのもアリですけど、ボクとしては2060や1660Tiも手に入れてきてMini-ITXのサブ機を生やす方をオススメしたい。Bluetoothじゃなく、UEFIから使えるような無線のコンパクトなキーボードと適当なポインティングデバイスをくっつけてTVサイドに置いておくと捗りますよ。セット・トップ・ボックスじゃ物足りないことも多々ありますしね。そして今日作ったPCのはそんな感じのPCです

使ったパーツの紹介と組み立て

パーツの紹介

3900Xを組んだ時と大体同じです
CPUはRyzen 5 3600、ケースはA4-SFX v2、M/BはB450I GAMING PLUS AC、メモリはVLPのDDR4-2666 ECC-UDIMM 32GB、CPUクーラーがNoctua NH-L9a-AM4、GPUは今回買ったGIGABYTEのRTX2060 Super、ストレージはSamsung 960EVO 1TB、電源はCorsair SF600のプラチナって感じですね。まぁそんな感じでパーツは大体いつものです。目新しいのはGPUくらいかな?…ってことでご紹介

GIGABYTEのRTX2060 Super

型番はGV-N206SWF2OC-8GD。ごくごく普通の2060 Superです
ギャラクロが3年保証なので買おうとするも売ってなかったので、同じCFDのGIGAにしました。GIGAは物によっては1年保証+3年の延長保証なのですが、この製品は1年保証です。でもCFDの保証期間を海外と同じにしたいという姿勢は応援したい。海外は3年保証とか長いのが当たり前なんですが、ボクらにあまり好意的ではない他の国内代理店を通すと、海外と同じ製品なはずなのに1年保証に削減されてるんですよ?削減されてる理由を勘ぐっちゃうよなぁ…、日本に入ってきてるのも本当に同じクオリティの製品なんですよね?1ドル130円とかやられた上にこの扱いはイラッと来ます。EVGA以外は海外の住所がないと輸入しても初期不良以外の保証はアレですし…。ってことで特定のOCモデルが欲しいとかじゃないならGPUはギャラクロをオススメします。「ダメルコのバッキャローで苦労と試行」がディスる意味の言葉だったのは昔の話しで、今はCFD様への愛を表現するコトワザへと昇華しましたよ

RTX2070を持っているんですが、このA4-SFXとは別に自作機をもう1台生やすので、新しい方にGPUを買うか、A4-SFX用にGPUを買うかは割りと迷いました
もっと具体的に言うとNCase M1用に2080Tiって高額商品を買おうか迷いました。でも買ったらコイル鳴きしてたり、初期不良のチェックした側から保証なんか投げ捨てて水冷化したとたんにXOが出たら、当分立ち直れないよなぁ…と。1万人に1人いるかいないか程度にアンラッキーな目に先日あったばかりのボクですしね
それなのでNCase M1には半年以上無事だった実績のあるASUSのTURBO-RTX2070-8Gを使い、A4-SFXには2060 Superを買うことにしました。LrはPsの一部重たいフィルターと違って、dGPUの有無の差はありますが、dGPUの速度はそれほど影響しないから2070で十分ですしね

購入前に各所のベンチを眺めてたんですが、非レイトレだけど重いゲームをFHD60fpsでやりたいなら2060 Superで十分です。ただ約6.5万円の2070 Superの方が性能と値段を考えるとお買い得で、逆に2060 Superは5.5万円だと割高に感じます。4万中盤くらいなら勧めやすいんですがね…
ちなみに6万切るくらいで、TURBO-RTX2070-8G-EVOっていう、「なにがEVOかわからない、ランエボを見習え」って先日言ったのの箱が日焼けしちゃってるのが売られていました。外排気なので小型ケースの多いボクにはピッタリなんですけど、そっくりなの買ってもツマラナイですし、2070より少し遅いですがこっちにした感じです
心配してた異音とか一切ないし、A4-SFXに入れてもエアコンつけてたらFF14紅蓮ベンチをフレームレート制限させずにループ再生させてもファンが静かなのは良いですね。ファンもセミファンレスなので、約50度ではファン止まってますが、約60度では回ってました。そしてある程度以上に冷えたらまた止まるって感じですかね。バックプレートは金属のしっかりしたので良い感じなんですが、なんかこれ表面が安っぽすぎない?いや実際安いんですが、値段以上に安っぽく見える。でも軽いのは良いですね。ライザー使って立てて設置するボクには重量は関係ないですが、重いグラボは正直好きじゃありません

サクッと組み立て

回を重ねるごとにドンドン雑になってるような…。よく見なくても雑な感じが出てしまってるところまで来ちゃった気がします。小型ケースですが、詰め込むだけなら入るようにしか入らないから簡単です
あとNoctuaの92mm角で25mm厚のファンが余ってたので、電源下に排気方向に付けておきました。ファンを止めても全開にしても各部の温度に特に変化が無いように見えるんですが…、まぁ気持ちですね気持ち

オーバークロックとベンチマーク

各種ベンチマーク

スクショは一番下にあります
いつものベンチマーク。特に比較するモノが思い浮かばなかったので、Cinebench R15とGeekbench 4.2.0だけですが、全コアOCした値も測ってみました。ハードウェアの変更とかせずとも、あれこれ設定すれば4.2GHzまでは普通に通りましたよ。環境はWindows10 1903でパッチは一通り当ててあり、UEFIとドライバ関係は現時点での最新なんですが、UEFIはまだAGESA10.0.0.3ABです。そこはご了承ください。3900Xで試した感じだと、M/BUEFIにチップセットドライバでもベンチ結果は変わる印象です
結果を見てみると、Ryzen 5 3600は値段の割には速いと思いますよ。ただ3600が特別良いということではなく、Zen2はどれもお買い得すぎるんだよなぁ…。在庫が切れまくってるのがよくわかりますね

2600と1600Xとの比較

2600と1600Xは過去のベンチのコピペなので環境を揃えていません。ご参考までに…ってことでお願いします
2600と1600Xはほとんど同じでしたが3600は伸びてますね。ただ最初にも言った通り、既にどっちかを持っているなら、3700Xの辺りまで行くのが良いんじゃないですかね?3600と3900Xを買っておいてアレなのですが、ボクの主観では3700Xが一番オススメです

各ガジェットとの比較

身の回りにあるPCとの比較。個人的に注目なのはMac mini最上位のCore i7-8700Bの爆死っぷりですね
これ現行品のMacで割りと速い方なんですが、CTOでプラス35,000円(税別)の差額を出して選べるオプションなので、CPU自体がいくらかは知りませんが、3600より遅いか良く見てトントンですね。arkだとモバイル用って書いてありますが、それは単にソケットの話しで、低TDPのノート用などではなくデスクトップ用のTDP65WなCore i7-8700を量産に向いたFCBGA1440に変えただけのモノなんですよ?片やRyzen 5 3600は税込単品購入で23,000円程。なんかなぁ…と思いますね。ちなみにノート用で割と速いヤツだとCore i7-8750HとかCore i7-7820HQの辺りですね。これくらい速いとノートでも許せるんですが、この辺を積んだノートは熱いしウルサイので使いにくいんですよ…。あちらを立たせば(ryってヤツで、結局デスクトップとサブノートを持つのが良いのかなぁ?って感じです

ベンチマークのスクリーンショット

定格

Cinebench R15, R20, Geekbench 4.2.0FF14紅蓮FHD最高FF15FHD高品質

全コア4.0GHz

Cinebench R15, Geekbench 4.2.0

全コア4.1GHz

Cinebench R15, Geekbench 4.2.0

全コア4.2GHz

Cinebench R15, Geekbench 4.2.0>