B450からX570へ変更がてら比較しました

Ryzen 9 3900Xを買いB450に組み込んでメモリを回し電圧オフセットを変えたり消費電力測ったりOCしたりしまくりましたが、今度はM/BをMSI B450I GAMING PLUS ACからGIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI (rev.1.0)へ交換しました

イキナリ結論

以下M/B選択の話買ったものの写真ベンチマークって感じで長々とやってますが、結論から書くと現時点ではB450でも十分だと思いますよ。ボクの環境でX570がB450と違ったのは、シングルが回るようになったからシングル性能が必要なベンチで精々数%ほど性能が伸びたってだけです。ボクが買った理由?そりゃ久しぶりにPCをイジったら楽しかったので、延長戦に突入したかったんですよ。それだけです
細かいところまでイジって遊びたいとか、金に糸目をつけずにスペック並べてドヤりたいなら話は別ですし、今からUEFIがZen2対応してるかバージョンなのかがわからないB450を買うのもどうかと思うので、そう言う場合はX570をオススメしますけど、B450を持っているなら流用しましょう。そして将来的にX570にするにしろ、今は煮詰まるのを待ちましょう。待ってる間に値段も下がるでしょうし、B550なんてのもあるみたいですしね。ITXだと拡張性なんてたかが知れてるから、なんならチップセット無しなのとか出してくれても良いんですけどもね

Mini-ITXのX570は今の所GIGAしかない

選り好み出来る状況にない

今のAMD向けだとAsusやASRockはカタログに出る部分は立派なんですけど、UEFIのアップデートとかがやる気がなく見えるので、intelならそれでも良いですけどAMDの初物だとそれは困るし、相対的にMSIやGIGABYTEがよく感じてしまうんですよ。ただGIGABYTEは相変わらrev.1.0とか書いてあるので、困った時のMSIを使ってたんですね。実際にB450のITX M/Bすらβ版とは言え6月中にZen2対応のUEFIを出してくれるファインプレイっぷりでしたしね。でもMSIからはX570のITXが出る予定がないんだよなぁ…ってことでASUS ROG Strix X570-I Gamingかなぁ?ってなっていたんですけど、やっと発売日の噂が出てきたと思ったら8月以降って、オマエそれは流石に遅すぎだろうよー…ってなり、GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI (rev.1.0)を買いました
このロゴがガッポとか言われてますが、確かにガッツポーズに見える…

GIGABYTEと言えばリビジョン商法

一通りイジってみて、現状のリビジョンで安定して動くし、CPUは同じ個体なのにMSI B450I GAMING PLUS ACよりもシングルが回るし、M/B各部の配置も良いって感じでモノは良いんですが、個人的にGIGABYTEをオススメしにくい理由はリビジョン商法なんですよ
最近見なくなりましたけど、相変わらずrev.1.0って書いてあるので、このM/Bで今後やる可能性がゼロとは言えないですよね?そして通販でrev.1.0って買いてあるのを買ったら廉価版の部品を使ってダウングレードされてるrev.2.0が出てくるっていう事も普通に有り得るんですよね…。ちなみにrev.2.0とかrev.3.0とかならカワイイレベルで、昔はrev.5.2とか刻んでましたよ。それなのでボクから他人様にはオススメしにくいです。ただrev.1.0に限ってはオススメだとは思いますよ。そしてなによりもATXの似たようなものを大量に出すくせにMini-ITXを後回しにする他社と違い、早々に出してくれたのが嬉しい。今回のGIGABYTEはチカラ入ってると思いますよ
個人的にこれだけはねぇわ…ってのは、無線LAN用のアンテナがカッコ良すぎて部屋に置けないってくらいですかね。シャア専用ザクのブレードアンテナみたいなのを部屋に置きたいですか?ボクは置きたくない。どんな部屋に住んでたらあんなアンテナを堂々と置けるんだろうか。ただの棒をバックパネルから生やす様なのの方が好きです

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI (rev.1.0)

VRM周り

Vcore用のVRMは6フェーズで70AのTDA21472。8個並んでますが、6個がコア用で2個はSoC用になります。この場合は8フェーズが正しいのか6フェーズが正しいのか…。ボクは6フェーズじゃね派なんですが、8フェーズって言われれば8フェーズだし、正直よくわからん
これまで使っていたMSI B450I GAMING PLUS ACも6フェーズで60AのIR3555と、X470/B450世代のMini-ITXに限れば優秀だったのですが、GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI (rev.1.0)はX470/B450世代のATXと比較してもミドルの上位くらいの性能にはなってますし、一部の安価なX570のATXマザーよりも優秀です。そしてX570のMini-ITXで単にフェーズ数が多いモデルが欲しいなら、ダブラー使って4*2で8フェーズのASUSやASRockのX570ですかね?ダブラーってのが迷うところですが、そこは好みで選べば良いと思います

表面

詳しくはサイトなり取説なりを見てもらうとして、軽く感想を書くと、GbEはintel、A4-SFX v2で使う場合でも電源スイッチとかを繋ぐフロントパネルヘッダの位置がよいから延長ケーブルを使わないで取り付け出来るし、ATXメインコネクタを挿す場所もとても良いので、配置関係で気になる所はない…って感じで、特に難癖を付ける所はないですね。贅沢を言わせてもらえれば、LEDをピカピカさせる端子なんていらないから、PWMファン用の端子を増やしてくれよー…ってくらいですかね

ファンとヒートシンクを外してみた所

ファンの付いてる部品の基板面からの高さは27mmで、そこからネジの頭が0.8mm出ているので約28mmになります。ファンの大きさは30mm角で厚さ10mmの4ピンですね。ただピンのピッチが狭いのでPC用のではないです。Alpenfohn Black Ridgeで120mmのファンを吊り下げ方向に取り付ける場合はヒートシンクを外さないと無理ですね
ヒートシンクを外すとここにM.2があり、こちらの接続先はCPUです。すぐ熱を持つM.2 SSDを使う場合でも、上面にファンが付いていて冷却がラクなのが嬉しい配慮ですね。ちなみにボクの環境ではチップセットファンの音に関しては特に気にならないけど、なんか高い音が追加されたのはハッキリわかる。ただnForceで酷い目にあったので小径のチップセットファンは好きじゃないから、ファンレスなチップセットも作って欲しいですね。そしてどうしてもファン載せるんだったら、小規模なので良いからGPUでも積めば?って思うのはボクだけでしょうか。あとファンのピンは硬さ的に抜くのがヤバい感じがする

裏面

バックプレートがガッツリ貼ってあります。プレートの厚さは一番厚い部分で基板面から6mm
こちら側のM.2はチップセットへの接続になります。あとI/OバックパネルがM/Bに固定されてて、むしろこれの方が良くないか?って感じだったんですけど、どうやっても斜めっててチリが合わないのが悲しい。別体なのは意味があったんだなぁ
ちなみにUEFIはF3っていう6/13に更新されたバージョンが入ってましたが、7/4にF4dという新しいバージョンが出ているのでとりあえず更新しときました

組み込んでベンチマーク

ベンチはB450との比較で気になってた順で行きます。ベンチマークのスクショは一番下です

サクッと組み込み

何度分解して組んだかわからないA4-SFX v2。入るようにしか入らないから普通に組むだけなら簡単です。でもなにか工夫しようとすると難易度が一気に上るのでキレイに仕上げられる人は尊敬する。そしてこのマザーボードのATXメインコネクタとフロントパネルヘッダやSATAの位置の素晴らしさ。特にATXメインコネクタがガチのマジで素晴らしい。これもうちょい上にあることが多いのですが、そうするとケーブルの取り回しがキツくて邪魔で邪魔で…。あと電源を外さずにケーブル抜けるのも有難い。この配置は素晴らしいですね
ちなみにCPUはRyzen 9 3900X、メモリはG.SKILL F4-3200C14D-16GTZっていうDDR4-3200 CL14-14-14-34のSamsung B-die、GPUはASUS TURBO-RTX2070-8G、ストレージはSamsung 960EVO 1TBとCrucial MX300 2TBです

メモリ別の速度とDDR4-3733の1:1

MSI B450-I GAMING PLUS ACでテストしたときは、3866の1:2では問題ないのに、3733の1:1ではCPU各部電圧を盛ってWindows起動までは漕ぎ着けるも、その後が不安定でCinebench R15すら通りませんでした。そしてGIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI (rev.1.0)でも3733を選択しただけではUCLK==MEMCLK/2…要は1:2で、手動でUCLK==MEMCLK…要は1:1にしたら無事にWindowsの起動までは出来ましたし、Cinebench R15R20は通ったのですけど、今度はFF15ベンチを実行中にブルースクリーンが出るのでアレコレやってみるも不安定すぎてどうにもならない展開でした。memtest86やOCCTとかそういうレベルですらなく普通にダメです
ただGIGAのX570Iに変更したら、MSIのB450Iでは選択すら出来なかった1:2の4000でも普通に通ったのでベンチを並べておきます。でも4000にするとGeekbench 4.2.0, Cinebench R15, R20など全てでシングルだけ垂れますね…。何度実行しようが扇風機で風を送ろうが大勢に変化はありませんでしたし、試しにやってみたら3200の1:2とか設定してもシングルが垂れるというか、そこまでやるとそもそも全体的に遅いので、1:2が良からぬ方向に作用してるのかなぁ?4000はメモリベンチことFF14紅蓮FHD最高設定も遅いですし、もっと高いところまで回せれば違う結果になるのかもしれませんけど、今の所1:2の使い道はなさそうです
そして「Cinebench R15だから負荷が軽くてメモリ速度の違いが出ないのでは?R20の方が適していると思います。」と、ご連絡いただいたので、それは一理あるってことでR20も追加してみたのですが、X570だけでなくB450でも、3200CL14より2666CL19の方が1%に満たない測定誤差と言えるような差だけども速いっていう謎が謎を呼ぶカオスな結果に…。そしてX570はB450に比べてGeekbench 4.2.0が低調なのも気になりますね。ただこの辺は時間が解決してくれるのかな?とりあえず下表のならどれでもOCCTラージ30分安定して通りますし、Zen+環境に比べれば速いから良いか…って感じで、1:1のDDR4-3200 CL14で使いつつ様子見ですね
下の表はB450 DDR4-2666の値を100%としています

Cinebench R15シングルのスコア

MSI B450-I GAMING PLUS ACだと200cb行くか行かないかだったシングルのスコアがGIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI (rev.1.0)では205cbまで出るようになりました。M/B以外の環境はこれと同じなので、これは単にM/Bのおかげです。冷却性能も同じなのにPBOとかXFR2の関係が何か違うのかなぁ?ただすっげぇ速いところからすっげぇ速いところに変わっただけなので、体感できる違いなんてものは全くありません。でも200cbの大台を毎回コンスタントに超えているっていうのは単純に嬉しいですよね

SSDの冷却

ボクがこれまで使ってきた2枚のAM4 ITX M/Bだと、M.2が裏面にあり、A4-SFX v2のM/B上部や電源下部にファンを追加しようが全く冷えず、適当に負荷を掛けるとこんな感じでヤバげな温度だったのですが、ATTO Disk Benchmark実行時のDrive Temperature基準だと8度、Drive Temperature 2基準だと10度も冷えるようになりました。これが一番改善した点だとすら思える
このファンの配置は良いですね

ベンチマークのスクショ

X570 DDR4-4000

Geekbench 4.2.0, Cinebench R15, R20, FF14FHD最高品質, FF15FHD高品質

X570 DDR4-3200

Geekbench 4.2.0, Cinebench R15, R20, FF14FHD最高品質, FF15FHD高品質

X570 DDR4-2666

Geekbench 4.2.0, Cinebench R15, R20, FF14FHD最高品質, FF15FHD高品質

B450 DDR4-3200

Cinebench R20, 他はこちら

B450 DDR4-2666

Cinebench R20, 他はこちら