Ryzen 9 3900Xのオーバークロック

友人から「一日中CPUイジって遊んでるのバレてるぞ、働け」と激励の連絡をいただいたので、皆々様に言っておきたいことがあるんですけど
「一体いつから──── ボクが働いてると錯覚してた?」
ぃゃ、ウソです、スイマセン、チョーシ乗ってました。7/7にZen2が出る、今回は祭り確定っていうのがわかっていたので、7/8(月), 7/9(火), 7/10(水)と7/6の土曜から続けて5連休を作っただけです。でもZen2休みを作るときに「・・・げる」って言った結果、お盆休みが生贄として捧げられ消滅しました。この先なにも希望が見えない…、この世は闇だ…って感じになってますが、Zen2祭りが楽しかったのでOKですね

ってことで、最後にCPUを適当にオーバークロックしてみました
悲しいかな、ボクの環境では全コアの周波数しか設定出来ません、そして全コア4.3GHzまでしか安定してCinebench R15が動作しませんでした
4.35GHzや4.4GHzでもOSは立ち上がり、シングルは測定出来るので、もうちょい電圧を盛ればちゃんと動きそうな感じなんですけど、MSI B450I GAMING PLUS ACは、全コアの周波数しかイジれない&最大設定電圧が1.475Vって感じでOC方向にはあまり遊べないので仕方がないです。B450のITXですしね。むしろITXで3900XをもちょっとだけですがOCして遊べる作りでしたし、βとは言えちゃんと動くUEFIをZen2発売日より前に出してくれたし、メモリも特に問題ないので、MSI様はもっと褒め称えられても良いはず。でもMSIはX570のITXマザーの予定がないんですよね。悲しいなぁ…

そんな感じで43倍の4.3GHzのスクショです
Cinebench R15でマルチ3359cb、シングル203cbでした

42倍の4.2GHzだと同じくCinebench R15でマルチ3269cb、シングル196cb

ちなみにCPUクーラーが貧弱なので、オーバークロックはこんな感じで冷却しながらやってます。ボクの環境ではフタを閉じて扇風機も無しだったらこんなに回せませんね