M/BをB350からB450へ変更しました

Amazonベーシックのエネループってアマループって言っちゃいません?言っちゃいますよね?何本か買い増ししよーなんて思い、Amazonで何も考えずにAmaloopって調べたら普通に出てきました。もうAmaloopってAmazon公認な呼び方なんですね

ってことで本題です
マザーボードをASRockのB350からMSIのB450へ変更しました

オンボのLANが壊れちゃいました

A4-SFXRyzen5 2600で使っているASRock Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/acが電源入れたら突然ネットワークが逝ってて、何しても無理で手元にあったUSBのGbEアダプタ付けたら問題ないので、あぁ1年持たずに壊れたんだ…と
PCIeが1つしか無く、そこはGPUで使用したいからUSBで常設することになるんですが、それもなんか嫌ですし、AB350は安いAPUでも追加で買って手持ちのLANカードとHDDでも付けて余ってるケースに突っ込んでNASにしよーって事になり、別途B450のマザーボード買ってきました

MSI B450I GAMING PLUS AC

表面

ASRockの方が各所の配置がA4-SFXに都合が良いんですが、1年経たずに壊れて気分が良くないので、細かいことは諦めてMSI B450I GAMING PLUS ACです

裏面

M.2もやっぱり裏面です。電源周りもタンタルコンデンサが裏に並んでますね。M.2のSSDもSamsung 960EVOの1TBが空いたので、ついでに交換します

よく見ると…

ジャンパが派手に曲がってますねこれ
ボクが曲げてしまった訳ではなく、土台から曲がった状態でハンダされているので、これがMSIクオリティなのか?でもまぁケースが開いてないかの監視用なのでどうでも良いけど、なんか悲しい

サックリ完成

サックリと完成。M/B交換のためにCPU外すのも、NoctuaのCPUグリスを使っていたのですが、半年以上経ってもまだ柔らかくて、なんの抵抗もなくスッと問題なく外せました。ラクでいいなコレ
電源スイッチのケーブルがCPUクーラーの上を横切らないと届かない長さなので、LED延長用のケーブルで適当に延長してます。白と青のケーブルがそれです。あと24ピンのATX電源コネクタとフロントのUSBが逆ならA4-SFX的には都合が良いんですがね。このM/Bで問題になるのはそれくらいですかね

ベンチマーク

ZEN+の末尾にXがつくRyzenならB450と組み合わせると冷やせば冷やしただけ回るXFR2 EnhancedやPrecision Boost Overdriveで違いが出るのかもしれませんが、小型ケースなのでCPUクーラーに限界があるから2600無印を使ってるボク的には何も変わりありませんね。あとStoreMIなんてのもありますが、こちとらHDDなんて内蔵してませんし…。でもSeq Writeだけは速くなってると思う。X99だと500GB1TBで5%くらいの差なんですが、B450化 & 1TB化したらそれ以上に伸びてますね。あとFF15のこの伸びは何なんだろうか、不思議です
ベンチのスクショはB450のはCINEBENCH R15Geekbench 4FF14FF15Crystal Disk MarkB350のはこの記事です

まとめ

故障が原因とかではないなら、特に交換する意味はないなぁ…と。でもまぁボクの場合は交換した理由がそこなので仕方ないですね。GbEがIntelから蟹になってしまいましたが、1年持たずに壊れるんならどっちでも良いよね…っていう、まぁそんな感じですよ
でも久しぶりにPCイジったら、CPUの電圧下げて温度でも比べてみようかなーなんて程度にはやる気が出てきました。小型ケースでCPUクーラーも小さいので、そこは試してみるべきですよね