Fusion Driveやってみた話しとか

今日はMac miniをFusion Drive化したのと、世界でもっとも豊かな大統領の2つです

Fusion Drive化

Late2012 Mac mini用にこんなSSDを2つ買い…

下の写真みたいにRAID0を組み、この4年弱は特に問題もなく使っていました。最近はmacOS 10.12 Sierraでしたね。ただボチボチmacOS 10.13 High Sierraにするかな?でもRAID環境だとインストール出来ないからって解除したんじゃツマランし負けた気がするよなぁ…ってことで、2機あるSSDの1機をHDDに戻してFusion Drive化してみました

情報も出尽くしているのでFusion Drive自体を作るのは簡単ですし、Fusion DriveをAFPSでフォーマットすることも可能なんですが、AFPSでフォーマットしたFusion DriveにHigh Sierraをインストールさせてくれなかったので、HFS+に戻してインストールしました

そんな感じでSSDはintel DC S3500の160GB、HDDは元々入っていたSamsungの1TBで組んでみて、ベンチマークこんな感じ。まぁ良いんじゃないんでしょうか?
RAID0よりは遅いけど、HDDとSSDの使い分けを気にする必要もありませんし、SSDのキャッシュが効いている間は大容量なのにHDDより速いですしね。ただHDDが壊れた時に交換するのが面倒なのは嫌だなぁ…って気はする。ボクが27インチのiMacを買った時も500GBのSSDを選択したのは結局そこが理由ですしね。それを気にしないで使うなり、Time Machineあるから良いやって感じなら良いんじゃないかと思いますよ

世界でもっとも豊かな大統領

人生は短いし、すぐ目の前を通り過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

人は物を買う時は、お金で買っていないのです。そのお金を貯めるための人生の裂いた時間で買っているのですよ。

消費が世界を壊しているにもかかわらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。

3つとも世界でもっとも貧しい大統領こと、ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領の発言です。2012年頃に流行ったので覚えている方も多いと思います。色々な所で読めますが、ボクは世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉から引用しました

元大統領の発言をまとめると「大量消費するために長時間働くのは束縛されているだけに過ぎない、質素であっても自分の時間をたくさん作れるのが自由で豊かってことだ」って感じかな。その尺度で言うと世界でもっとも豊かな大統領なんですよ。給料の大半は貧しい人たちに寄付し、日本語的には清貧とでも言うんですかね?大統領官邸ではなく農村に住み、食器も自分で洗い、通勤はボロボロのフォルクスワーゲン・ビートルを自分で運転するっていう質素な生活をしています。実行が伴っている所に説得力があり、大量消費したいからお仕事がんばるんだってボクですら、えぇこと言っとるわ…って心が洗われるんです

ただ、その価値観は理解できたけど、どうすればその境地に到達できるのか気になりますよね?少なくともボクはとても気になります
そこでPrime会員だと無料だった先程の本を読んでみたら、過激な政治運動を頑張りすぎて投獄され、40フィート(約12m)のトンネルを掘って仲間100人と脱獄。その後もより過激な方に引き続き頑張りすぎて、最後の4回目に投獄されるときは、仲間に売られて逃げ遅れた末に、機関銃と手榴弾を武器に警察と撃ち合いし、警官2名を負傷させるも、自身も撃たれて大怪我を負って捕まり、恩赦で出所するまでの獄中生活13年で心を入れ替えたって感じなんですね
CERO Zは確実な上に下手したらゲーム内ですら規制されるような表現ですよ?それをリアルでやったっていうなら、人生をエンジョイしたに違いありませんし、そこまでやれば達観できるのは逆によくわかる。ボクがクルマであれだけサーキットを走り回ったし、もう電車とタクシーでいいやって言うのと同じですね。やっぱり人間はやりすぎた末にじゃないと達観出来ないんだ…と。そんなこと知りたくなかった