やっと1回目のワクチン打てました

「せっかくならベルカとストレルカのスプートニクVを打ちたい」とか「Vやねん!スプートニク!」とか言ってたボクですが、どうも無理そうなのでファイザーの1回目を打ってきました。今更かよ?かもですが、実は30代の埼玉県民で非職域接種だとこれでもかなり速く接種出来た方ではあるんすよ…。しかしmRNAとか意味がわからなすぎて凄いですよね。体内で目的に合わせたタンパク質をどーこー出来るっていう今出ている情報と、それに対するボクの理解が正しいならば、これガン予防とか再生医療とかもっと広い範囲に使えるってことで良いんですかね?凄すぎてよくわからない

そして打っても特に何もありませんでしたね。打った直後は筋肉痛で腕が張ってる感じって程度で、熱が出るとかダルいとかはなかったです。でもまぁまだ1回目なのでその程度なのかもしれません
最近のiPadは冷蔵庫にくっつくくらい強力な磁石が入ってるので、身体が磁化すればラクにiPad持ち運べるようになるので期待してたんですけど、少なくとも1回目の接種じゃiPadは全くくっつきません。重篤化しにくくなるとか集団免疫で流行しなくなるみたいな目に見えない利益より、iPadをラクに持ち運べるっていうボク個人でも実際に目に見える利益を期待してたんですが残念です。そして5Gを介してネットに繋がるらしいのも、脳ミソがネットに直結してる無敵感が凄そうだし、いざ端末を手に取ったら何をググろうとしてたか忘れてモヤモヤするってのを根本的に解決出来るから楽しみにしてたんですが、オマケみたいなSub6はエリア内だけどガチのマジの5Gことミリ波が圏外だからなのか、今のところは全く繋がってる実感もありません。もしかしたら1回目の摂取でもi-modeくらい繋がるのかもですが、2年前に新規受付終了しちゃってて試しようもないんですよね

ちなみに埼玉は市も県も動きがブッとろく、7月末にやっと接種券が来て、今でも県のソーシャルワーカー枠が予約の奪い合いで、8/15時点では市も県も40歳未満の予約開始日時は決まらず、都道府県別の接種率では栃木や沖縄と最下位争いしてます。これってもう「そこらへんの草でも食わせておけ!埼玉県民ならそれで治る!」を地で行ってますよね。埼玉県知事は摂取が進まないのを他人様のせいにしようとがんばってて相変わらずこんな調子ですが、ホントにやる気があったならもっと早い段階で市町村をセッツキまくって接種券だけでも送らせてれば、五輪前の感染数がまだ穏やかだった頃に自衛隊の大規模接種センターでワクチン打ててたんだよなぁ…

ちょっと北に目を移すと、市町村の摂取だけじゃ速さが足りないから、知事が旗を振って県営のワクチン摂取センター開設を4月中に決め、ワクチンとお医者さんを大量に引っ張ってくるっていう、基本的に接種率の低い関東の中で県別の摂取率がブッチギリで高い、この件では有能有能&有能な群馬県の山本一太知事くらいテキパキやってる人がいるだけに、同じ元参議院議員の知事でも「実際にやってる人」と「やってる感の人」で摂取率という名の成績表がこんなに違うのか…と悲しくなります。山本一太先生の主義主張は知りませんし、ヤバい金もらっても知らなかったって言って返せばセーフみたいな悪い面もあるし、昨年から群馬に来てた南スーダンを忘れてオーストラリアを最初に来日したとか言っちゃうけど、少なくともそのハードワーカーっぷりをナマケモノなボクは尊敬しますね。埼玉も面積の大半は文化的にグンマーですし、山本一太知事におかれましては、ボクが浦沢直樹先生のマスターキートンを実写映画化するなら旧東ドイツのスパイ役をお願いしたいって感じな雰囲気の埼玉県知事をお飾りにでも置いといて埼玉県を実効支配して欲しいもんですね
あとみなかみ町の方の巨大えんぴつに「これ知事室で使ったらバカウケだろうから欲しいなー」みたいな感じで食いついてましたが、放送終了後にもらえたのかが気になってるので、写真の隅に写し込むなりしてこっそり教えて欲しいですね