NR200にはNINJAがピッタリ

先日組んだNR200なんですがサイズの忍者も入るのでは?…って可能性に気がついてしまったので、実際に入るか試すべく忍者五を買ってきました。数字上入るのはわかっていても、箱から出したときはこんなデカいの入るの?って感じでしたね。でも一応ちゃんと収まりました。電源をもう少しフロント寄りに付けられると嬉しいんですが、なんでここ無駄にスペース余らせる作りなんすかね?

斜めから
こう見るとかなりデカいですね。ヒートシンクがデカいに越したことはないですし、このギッチリ感は見ていて気分が良いですね。かなり冷えるんですが、そもそも冷える冷えないじゃなくドヤ感ですよドヤ感。このドヤ感はたまりませんね
NR200は電源のマウントの横にケーブルを縛る用の出っ張りが出ていて、そこが一番干渉がキツイんですが、サイズのファンなら普通に入り、Noctuaのファンでも角についてるシリコンのカバーを外せばどうにか入ります

反対向き
ちなみにM/Bによってソケットの位置がかなり違うので、問題になりそうなのはその辺ですね。今回使ったのはROG STRIX Z390-I GAMINGなんですが、ソケットがもう数mmバックパネル側に寄ってるとベストだったかな?NR200に大型空冷を入れたいんだったらM/Bの適合表を出してくれてるNoctuaのNH-C14Sの方が無難だと思う。NH-C14SならM/Bにつけば入りはしますしね。あとメモリの高さは35mmまでしかダメらしい、ボクの手元にあったG.SkillのTrident Zだとヒートシンクも含めて44mmとかあるので、G.Skill Removeとか適当にググって同じようにやってみたら簡単に外せて忍者の下に取り付け出来ましたよ