硬いケーブルはタイラップで曲げるべき

いつも思うんですが、なんでディスプレイに挿すケーブルって、ディスプレイの下側からよりによって下方向に出てるんでしょうね。そう思いませんか?付属してるケーブルって往々にして硬いので、大人しく挿すと下の写真みたいに、残念な感じになっちゃいますよね…

そしてよく売ってるL時に曲げるアダプタとか使うと、電源ケーブルならまだしも、信号関係だとケーブルの規格とか色々あるけど、それはそれでどうなの?って感じがしますよね?
好みのケーブルが売ってればそれを買えばいいんですが、例えばUSB Type-Cの形状で好みの形と長さのケーブルがあっても、gen2 / gen1 / gen1(USB3.0) / USB2.0にAltmode / USB PD / 無印にThunderbolt3のパッシブとかアクティブとかある上に、そのケーブルが結局どれに対応してるのか明記されてないことが多すぎで、オレは今ここにあって問題なく使えてるこのケーブルを曲げたいんだよ!もう自力で曲げるわ!ってところに到達すると思うんですよ

そんなケーブル曲げたがりのボクはタイラップを2本使って、下の写真みたいな感じでケーブルを曲げて使ってます
どれだけのRで曲げられるかはなんとも言えないし、端子にタイラップを掛け、端子の直後で曲げようとするとケーブルが逝くと思う。そして一気に縛り上げて曲げようとせず、徐々にテンションを掛けながら様子を見つつ、ちょこちょこと曲げていくのが無難だと思いますよ
ボクは数年前からこうやってケーブルを曲げて使ってるんですけど、今の所は断線したことはないですね。光ケーブルはやったことないから知らないけど、金属のケーブルで断線って何度も折り返すようにウネウネと曲げて破断させるのが原因ってだけで、曲げたままカッチリと固定するなら塑性変形はするかもですが特に問題はないんじゃないのかなー?と思ってます

そんな感じで曲げたケーブルを使うと、ディスプレイ裏がこんな風にスッキリと収まりますよ。こうすることによってケーブルを上手いことディスプレイアームに導く事が出来、正面からは一切見えなく出来るので気持ちいいですね
もちろん作業は各自の自己責任でお願いします。ボクのタイラップを使ってケーブルを曲げるテクが神レベルな上に、これまで運良く断線しなかっただけって可能性もありますしね