DELL U3219Qを買いました

イキナリまとめ

DELL U3219Qは買い
USB-C接続でUSB PD給電も使えるIPS 31.5インチ4Kって括りだと現時点では決定版だと思いますよ。どこぞのと違って電源がACアダプタとか残念なことになってないから、スッキリと設置するのがラクなのでオススメ。適当にお茶を濁しつつ待っていたかいがありました
写真編集したいだけで反応速度とかHDRとか興味ないしなーって感じであれば、これ以上はAdobe RGB100%が欲しいとか、PCIeスロットついててThunderbolt3接続のGPUが使えるとか、GbE積んでくれるとか、3.5インチベイがついててTime Machine用にHDD入れられるとか、ウルトラワイドだけど内部的には2枚のディスプレイがThunderboltでディジーチェーンされてるからケーブル1本で良い感じにLrが2画面状態で便利に使えるとか、そういう感じの付加価値がつかないのであれば、もうこれで十分だと思う

以下ダラダラ

買った理由

BenQのEW3270Uを買ったときに「DELLが10万程度で31.5インチIPS非光沢でUSB-C接続のモニターを作ってないのが悪い」とか書いたんですけど、シャレとかじゃなく、DELLが悪いよーDELLが!とか心の底から思ってましたね。いやだってDELLが悪いよね?DELLのモニターってなんだかんだで外さないし、デザインも普通だし、法人だとサポートも良いから、なるべくならDELLにしときたいじゃないですか?それなのにボクが欲しいのを売ってないのはDELLが悪いんですよ。そしたらDELLさんが半年でやってくれました。そのものズバリなモニターだったので、遅かれ早かれこれを買うことになるだろうってことで早速買いました

箱が捨てやすくなってる

DELLのディスプレイ買って面倒なことと言えば、ダンボールを折り曲げまくって作られた内部構造をバラして捨てるのですよね?ボクはアレが面倒すぎて嫌だった。あれを設計する方はきっとパズルみたいで楽しいだろうし、むしろ凄い出来でもあった。切れ込み入れて折ってけば一枚のダンボールでここまで出来るのか…と、いつも1/3程度までは関心しながらバラしてましたよ。残り2/3はあまりの面倒臭さに恨みつらみしか出てこなかったですけどね
リサイクル率を考えるとダンボールが良いのかもしれないけど、今回は紙トレーみたいな素材になってて、バラして捨てるのがラクでホント嬉しい

IPS非光沢

変な角度から見ても彩度の低下も起きず、姿勢が自由に取れて使いやすい
31.5インチとかの大画面でPCの視聴距離だとIPSが良いと思いますよ。TVくらい離れて見るとか、一部のTVであるような高級品のVAや、24インチとかならまだしも、PCの距離感で普通のお値段のVAで31.5インチとかだとデスクへの向かい方によってはコントラストの低下が気になりました。ディスプレイの真正面に正しい姿勢で座ってるときは問題ないのですが、そう使うときだけじゃないですしね。ゲームとかだと応答速度が速いディスプレイが多いVAの方が向いてると思うのですが、写真編集がメインでゲームはオマケってボク的はやっぱIPS、それも非光沢なのが良いなぁーと
キャリブレーションされているのも地味に嬉しいですね。でも初期状態だと明るすぎるので輝度だけ下げると良いと思いますよ

31.5インチ

80cmの奥行きの机に設置してるのですが、31.5インチは良いよ
職場では27インチ4Kなんですが、31.5インチに慣れてしまうと27インチが狭っ苦しく感じますね。どちらもMacを繋いで仮想解像度を2560 x 1440にして使ってるのですが、31.5インチの方が快適です。そして31.5インチだと見上げるほどの大サイズってほどでもなく使いやすいですね。個人的には30インチ台後半程度が良いと思ってるんですけど、現在のラインナップだと31.5インチの次は42.5インチですし、これくらいが丁度いいのかと思います

接続端子

ディスプレイ背面下側の接続端子はこんな感じ。あと正面左側にUSB3.0が2つあります
映像の入力はHDMI(HDCP 2.2), DisplayPort1.4, USB-Cです。あとMBP15TBとUSB-Cで接続するなら、USB3.0のアップストリームポートへの接続は不要。下面とサイドに1つずつUSB Battery Charge Rev.1.2対応のUSBがあるのですが、これ両方サイドに持ってきてくれてると嬉しかったかな?気になるのはそれくらいで過不足はないと思いますよ

USB PD給電

USB-Cの給電は90W。MBP15TB上からも90Wと認識されています。85Wの電源アダプタが必要なMBP15TBでも余裕。よくやった!と

そしてデスク下がスッキリになって嬉しい
春頃に給電目的で買ったThunderbolt 3 PD Docking Stationは不要になったので外してしまいました。元々デスク下に置いてUSBデバイスを数個とLANケーブルを繋いでいたのですが、ディスプレイ側で全て賄えますしね。あれはあれで便利でしたが、こんな早くボクが欲しくなるディスプレイがDELLから出ると思わなかったから仕方ないですよね

キャリブレーション

例によってi1Display Proでキャリブレーションしてみました
設定は輝度120cd/m^2、ガンマ2.2、6500Kで、アプリケーションで言われるまま、明るさ23、コントラスト75、R:100、G:100、B:100にしました。輝度以外変える必要無かったです。出荷時にキャリブレーションされてるだけのことはある。P2715Qもそうでしたし、ゲームが目的じゃないならこのシリーズはとても良いと思う
色域はAdobeRGB100%対応を謳うUP2516Dの方が出てますが、sRGBで使うならU3219Qでも全く問題ないと思いますよ。そして狭ベゼルなのに輝度ムラは気にならないかな。輝度ムラも部屋を真っ暗にして黒を表示すると確認は出来るのですが、普通に使う分には特に気にならないです。あと色ムラも感じませんね。ただベゼル幅はある程度ある方が好きなので、狭ベゼル化をこんなにがんばってくれないでも良いんですがね

消費電力

Youtubeで適当な4K動画を再生した場合のディスプレイの消費電力はTAP-TST5計測で32Wでした。ちなみに同じように測定すると、27インチIPSのDELL P2715Qが25W、31.5インチVAのBenQ EW3270Uは31W
U3219QとMBP15TBをUSB-Cで接続すると、MBP15TBに別途電源アダプタをつけてもディスプレイ側から給電されてしまうので、MBP15TBからApple純正のUSB-C Digital AV Multiportアダプタを使いMBP15TBとU3219QをHDMIで接続し、改めてキャリブレーションしてから測定してます
意外とそんなものなんだなーって感じですかね

あとU3219QからMBP15TBへUSB-Cで接続して給電しつつ同じことをやり、システム全体の消費電力を測ると、MBP側のディスプレイを開いてマルチディスプレイにした状態だと56W、閉じてクラムシェルモードにした状態では52Wでした。動画の再生程度だとシステム全体でもこの程度なんですね

重量

重量は適切な重量計が無いので参考値として見て欲しいのですが、スタンドなしの状態でDELL U3219Qは5.7kg。同じ図り方でBenQ EW3270Uは6.0kg。ディスプレイアームで使うユーザーも多いでしょうし、スタンド無しの重量も書いといて欲しいよなぁ
ちなみにエルゴトロンLXのシングルで固定関係はなにも問題ありませんが、このサイズで重量も6kg弱あると、一人で設置するのは結構大変でした

Thunderbolt3のアクティブケーブルでは接続出来ない

Thunderbolt 3 PD Docking Stationを外した関係で、U3219Q付属の1m程度のUSB-Cケーブルだと少々短い…ってことで、端子一緒だしワンチャンある可能性に掛け、Thunderbolt3のアクティブケーブルで接続してみたら、給電は出来るけど画面は写せませんでした。Thunderbolt3のアクティブケーブルでUSB-Cを使って接続する場合、仕様的にUSB2.0になるのでそりゃそうなんですが、「雨の中買いに行くか行かないかなんだ、やってみる価値ありまっせ!」ってなっちゃうよね?
やってみる価値は全くないので皆様はお気をつけください。Thunderbolt3のパッシブケーブルならUSB3.1対応で2.0mの設定もあるので、雨の中買いに行ってみましたが、そんなレアなものはどこでも扱ってなくて、ネットで見てみても国内だととても高いのでamazon.comで注文して到着待ちです。長いケーブルが欲しい方はThunderbolt3のパッシブケーブルを探してみると良いと思いますよ