祝GL突破

今日は祝GL突破W杯の前評判についての2本です

祝GL突破

本当に嬉しい。この後のトーナメントもがんばって欲しいですが、既に次の4年は気持ちよく代表を応援できるくらいに嬉しい。いつぞやのようにアジア杯ベスト8で負けて帰ってきても、気持ちよくオカエリと言えそうなくらい嬉しい

他力突破?結構なことじゃないですか。一位突破して比較的ラクな山に入りたいであろうコロンビアの力を信じて何が悪い。負けるが勝ちであり、花より団子であり、名を捨てて実を取るで、論に負けても実に勝てですよ
そりゃ素晴らしい試合でポーランドを粉砕しGL突破するのが一番でしたけど、ベスト16まで4試合やったら次の試合なんて考えられないってほど体力を消耗したとか言われる過密日程のW杯で、トーナメントに向けて少しでも主力を休ませられましたし、試合内容は仕方ないです
最後の方はポーランドも足が止まって来てて、無理に攻めれば点を獲れたかもしれませんが、ドーハの時みたいに下手打ってカウンター受け、そこからのセットプレイで失点したり、ファールで止めてイエローもらったりする可能性を考えると、日本の力ではあぁいう選択になるのも致し方のないことです。甘んじて応じてくれたポーランドはありがたかったですね。ただ積極的にやって欲しい戦い方ではなかったし、鹿島くらい上手くやれよ…とも思いますし、次までに中東戦術を練習して来るべきだとは思いますけど、また無駄にカッコつけてGL敗退してくるよりマシではあった。そしてお人好しじゃ世界で勝てないって言われてたんだから、この際ヒールになってみても良いんじゃない?イングランド人の懐から財布を抜き取ってやった気分だってくらい吹っ切れてくれても、ボクは一向に構わないんですがね

あんな試合すれば叩かれるのはわかりきってますし、泥水を啜る覚悟がないと出来ないですよ。ましてやセネガルが同点に追いついてたらトンデモナイことになってましたしね。ただそんなことをしてまで、トーナメントで一つでも上を目指せる可能性が高まる方法を選んだことに、例えドブの中でも前のめりに死にたいみたいな覚悟を感じました。今回アンチフットボールとかどうのこうの煽ってる外国メディア達は、逆に引き分けるために点を取ろうとするも失点し、0-2とかで負けてGL敗退してたら、カミカゼとかバンザイアタックとか煽ってくるのが目に見えてますし、放っときゃ良いんです。イングランド-ベルギーはGLでも屈指の好カードでしたが、どっちも負けてラクな山に入りたいのかな?と思えるような無気力試合で、前半からブーイングが起こるっていうより酷い塩試合だったけど、そっちはスルーなの?日本はサッカーの母国様や強豪国ベルギー様と違い、世界レベルでは実績の少ない国だし、そもそもポッド4で出てきたような国で、GLでも相手が11人いるチームには勝ててないどころか、西野監督が就任してから11人相手には本番前の1回しか勝ってないんだから、無様だろうが惨めだろうが、開き直って一つでも上を目指させてくれても別に良いじゃん。ぁ、それと同じMFを交代で投入するっていう場面でも、06年ドイツW杯のオーストラリア戦で勝ってるからボールをキープして試合を落ち着かせようと小野を入れたのに、なぜか前掛かりに攻撃をして逆転負けした頃と比べて成長は感じました

エンターテイメントとしてアレはダメとかって意見も多いですけど、TV並べて両試合追っていたボクとしてはこれ以上無いくらいにハラハラ出来て面白かったですよ。セネガルのグダグダな攻撃でもヒヤッとするくらいハラハラ出来ました。スタジアムで観戦してた第三国の人がかわいそう?それは自業自得です。サッカーはTVで見ろってJFA理事にして審判委員長でJリーグ理事の上川徹さんも言ってましたし、日本戦を見にスタジアムに行く選択をした自分が悪い。そういうものです。大枚叩いて高価な試合を見るより、西が丘で日向ぼっこしつつビール飲みがてら社会人の試合を見るくらいでちょうど良いんですよ。そして4年前に怒髪天を衝くレベルのナメプしてきて捲土重来を誓ったコロンビアを心の底から応援する時が来るなんてボクは思ってもいませんでしたね。あと長年やって来たDFラインでのタラタラしたボール回しとバックパスがこんな所で活かされるとかも想像がつかなかった。そんな色んな意味も含めて面白かった

それとボクとしてはベルギーだとガチでボコボコにされそうだから、イングランドとやりたかった
あの日本の戦い方はベスト8行けるなら許されるっていうか、ボクは理解できる。GL突破が最終目標なんだったらポーランド戦で大幅にメンバーと戦い方を変えてないですもんね。だからなんとしてもベスト16で勝ちたい。勝つにしろ負けるにしろ叩かれるんですし、同じ叩かれるなら勝って叩かれたい。批判上等って方法で勝ち上がったんだから、それは仕方のないことですし、なんとしてもベルギー戦で勝って欲しい。っていうかこれでベルギーに負けたら未来永劫情けないヤツ扱いですよ

そして最終的に突破を決めたのがフェアプレイポイントっていうのがフェアプレイ賞が好きな日本らしい突破の仕方ではありましたね。っていうかフェアプレイ賞なんていらないから勝ち点を1でも多く取ってくれとか言ってましたけど、悪質なファールしないって退場や累積以外でも大切なんだなーと身にしみて理解しました
ちなみに14年のブラジルW杯のフェアプレイ賞は顔面への肘打ちや背後からの飛び膝蹴りなどなんでもありのコロンビアでした。その観点からしても今回の日本はフェアプレイだな。W杯で19試合連続レッドなしの新記録も作りましたし、フェアプレイ賞ももらえる勢いですよ。フェアプレイとはいったい…うごごご…!

W杯の前評判について

しかし前評判は当てにならないですね
格上格下の基準として使われるFIFAランクも、当てになるかといえば他大陸連盟との差を見るのにはあまり当てになりませんしね。ランクで強さを語りたいなら、まだELOランキングの方が良いのかな?…と

そして前評判がどう当てにならないかっていうのを、NHKで世界基準な解説をしてくれている山本昌邦さんの4月に発売された著書から引用すると

山本 ここも隙がないですね。ドイツはタレントが豊富なので、どんな23人を選ぶのかが、まず楽しみ。メキシコもスウェーデンも力はありますけど、ドイツと一緒だと1位通過はないことは織り込み済みでしょうね。このグループで一番レベルが高い試合は、ドイツの紅白戦じゃないですかね(笑)。

山本昌邦; 武智幸徳. サッカー教養講座 (Kindle の位置No.411-414). 日本経済新聞出版社. Kindle 版.

山本 今回の出場チームでも選手層は一番厚いでしょう。ドイツが大会に3チーム、送り込めたら、金、銀、銅メダル、全部独占も可能というくらいの選手層です。

山本昌邦; 武智幸徳. サッカー教養講座 (Kindle の位置No.650-652). 日本経済新聞出版社. Kindle 版.

って感じで、市井で勝手にサッカー評論家ごっこをやってるボクらと違い、輝かしい指導歴を持ち、NHKでサッカー解説している人が書いた、サッカー教養講座と大上段に構えたタイトルの本の内容に、3チーム出せれば1〜3位独占する可能性もあるし、グループFで一番レベルの高いのカードはドイツの紅白戦ってくらい強いと書かれたドイツすら、韓国にやられてGL最下位になることもあるから、結果的に日本にもGL突破のチャンスはあったってことですね
弱小のレッテルを張られてる国のチームでも、無駄に夢を見ず、現実を見据えて戦えば、チャンスは大いにあるんですよ

そして韓国が最終節でドイツ相手に粘りに粘ったおかげで、アジア予選1位の日本とイランが勝ち点4、アジア予選2位のサウジと韓国が勝ち点3、プレイオフで滑り込んだオーストラリアが勝ち点1と、アジアの全チームが勝ち点を取れましたね。今回のW杯で今の所ボクはそれがなにより嬉しい
その結果、GLの連盟別1試合平均取得勝ち点が南米1.9、欧州1.7、アジア1.1、北中米0.9、アフリカ0.6、オセアニア0.0ですよ。GL突破出来たのも欧州と南米を除くとメキシコと日本だけですし、アジア連盟は弱いのに枠が多くてズルいから譲れとか言ってたアフリカ連盟さんより上なのが気分がいいです。これでアジア連盟より弱いアフリカ連盟さんは気持ちよく出場枠を譲ってくれるんですかね?
アフリカ連盟さんの英断に期待してます