7インチのKindle Oasisを買いました

先代Oasisが出た時に、ボクはVoyageでいいや…とか言ってましたが結局買いました。値段が許容出来るなら結構オススメです。物の出来は良いと思うけど、2017年モデルに、32GB、Wi-Fi+3G、キャンペーン情報無しで40,980円。そう考えると微妙かなぁ
前のブログで、ボクが買った900冊ほどの本の金額を、Kindle版と紙の本で比べてみたら、Kindle版だと紙の本の73%のお値段で買えたってのから計算すると、ボクが読むような本に約15万使うならOasisに4万円使ってもトントンって感じ。そこですね

なんで買ったかってのは、初代Kindle PaperWhite 3G、2代目のKidle Paperwhite 3G、Voyage 3Gとそれぞれ使っていたのですが、以前は持ち出して使ってたけど、今ではベッドサイドに置きっぱなしって感じの2012年10月に買った初代がついに逝ってしまい、ボクの能力的にベットサイド用と居間用と持ち出し用の3台がないと、居着いちゃったから取りにいけないよぉ…って感じで困るので、2個目のVoyageでも買おうかと思いましたけど、同じのも買ってもなぁってのもあり、Oasisで良いかーって感じで買った感じですね

物は良いですね
やっぱり縁と画面がツラなのは使いやすい、Kindleを買うならVoyageかOasisがオススメだけど、買い増しするなら充電用の端子がUSB type-Cになるまで待ってるのが良いと思う。それと先代Oasisと違ってカバーが付属しなくなったのは嬉しい。ボクどうせ毎日の充電が日課ですし、取り付けると軽く薄くなるならまだしも、重く厚くなるなんてそんなのあってもいらないから安くしてくれよ…って感じでしたもん
隣に置いてあるのはVoyage、2014年11月に購入して以来、毎日持ち歩いてるのでボコボコです。やっぱ携帯する機器はベゼル少ない方が画面大きくなるので嬉しいですね。ボタン側の画面とボタン間をもう5mmほど詰めていただけるとベストだったかな

裏面が金属になってて素敵。あと段になってるのも指の引っかかりが良くて逆にいいですね
194gなので400ページ位ある文庫本よりは軽いですし、188gのVoyage比でも手に持った感じだと軽く感じる。持ちやすいおかげなのかな?あと7インチと大きくなってる分、書籍内の図表は見やすくなってて良いですね。ただ動作の感じはVoyageと変わらないです
バッテリーは電子書籍リーダーとして使う分には十分ですけど、Bluetoothを使うと保たないです。今回からBluetoothイヤフォンを繋いでオーディオブックを聞けって感じでBluetoothが載ってるんですけど、試してみたらこれ使うとバッテリーがマッハです。あとボクは小説しか読まないので試しては居ないですが、E-Link端末は画面更新時にバッテリーを使うってことで、小説に比べて1ページ読むのが早い漫画とかもバッテリー厳しいと思う

それと物理ボタンは使いやすくていいですね。Voyageも感圧式のボタンがついてるんですけど、ボクの感覚だとかなり強く押し込まないと反応しないので使ってませんでしたが、この物理ボタンなら快適に使える。防水とも相性が良いと思います。それとAmazonの使用絵だとボタンが右側に来てますが、回転させてボタンを左側にしても画面が回転するので問題なし。そしてボタンもデフォルトでは上ボタンが次ページ、下ボタンが前ページなのですが、設定から反転させることも出来ます。ボクは端末下に小指を引っ掛けて持ちたい人なので、下ボタンを次ページにしたら快適に使えてます。でも稀に持ち方変えたりとかもしたいし、前ページに戻る機会は少ないからスワイプでもいいので、両方とも次ページにしたい気もする

物として微妙…ってのはUSB端子だけですね
Appleに金払ってLightningならベストだけど、せめてUSB type-Cにしてよ…っていう。ボクの手元にあるガジェットで未だにUSB2.0 Micro-Bケーブルが必要なのってKindleだけですよ。Kindleのためにケーブル1本増えるのがなんだかなぁ…と